海外への出願

貴社が海外で権利を確保するためには、その外国へ出願しなければなりません。
大半の国々はTRIPS協定に加盟しているため、各国の特許制度は似ていますが、国毎に細かな違いが多々あります。
当事務所では世界各国の現地パートナーとの連携によって、特許の出願から権利取得までをサポートします。
貴社が海外で商品を販売している、または販売を予定している場合は、ぜひご相談ください。  

外国への特許出願
貴社ビジネスの海外展開や自社商品の製造地域などを踏まえて、特許出願する国を検討します。基本的に出願国が増えるほど、出願費用はかかります。

外国へ特許出願を行う方法は、大まかに分けて2つの方法がございます。

パリ条約に基づく外国出願

 パリ条約に基づく優先権を主張した外国出願は、国内出願から1年以内に、出願希望国へ直接出願書類を提出する必要があります。

PCT出願
 特許協力条約(PCT)に基づく国際出願を利用すると、PCT加盟国の全ての国に同時に出願したことと同じ効果が与えられます。
国際出願時は日本語で書面を作成します。また、最初の出願日から30ヶ月以内に、権利を取得したい国の特許庁に対して翻訳文を提出することとなります。


意匠・商標
パリ条約に基づく外国出願
 パリ条約に基づく優先権を主張した外国出願(意匠・商標)は、国内出願日から6月以内に、出願希望国へ直接出願書類を提出する必要があります。
また、必要な書類(優先権証明書等)、出願の記載事項は、国ごとに異なります。

国際意匠出願
 意匠については、国際事務局に願書を提出し、国際登録を受けることによって、複数の指定締約国における保護を取得できます。
国際登録の更新や移転等の手続は、国際事務局に対して手続を行うため、経費の節約や手続の一括化など、多くのメリットがあります。

国際商標出願(通称:マドプロ)
 マドプロを利用して国際登録出願を行うと、簡単な手続で世界各国で商標の保護を求めることができます。
 マドプロ出願を行うためには、その基礎となる商標が日本国特許庁(本国)に出願若しくは登録されている必要があります。
 マドプロ出願では、所定の手続きを行うことにより、国際登録出願時に指定しなかった国に対しても、後日保護の拡張をすることが可能です。

Copyright (c) SUWAZAKA Patent & Trademark Office. All rights reserved.